So-net無料ブログ作成

さとぼとおしゃべり [育児日記]

最近、さとぼはわれわれ大人がしゃべるのにあわせて、
おしゃべりらしき声を発するようになってきました。

もちろん、まだ意味のあるおしゃべりではありませんが、
自分が大きな声を出せるようになってきたのが誇らしく思っているのか、
機嫌の良いときにはずいぶんとおしゃべりもどきをするようになりました。

一方、機嫌の悪いときは、割と毎回同じような声を出すことがあります。

おなかがすいたとき:「メー[たらーっ(汗)]

おなかがすいたときにママが見あたらないとき:「ニンニン[あせあせ(飛び散る汗)]

いわゆる、「さとぼ語」です。
必ずこのように声を発するわけではありませんが、
われわれにはこのように聞こえます。

さとぼが機嫌がよいときに、
「メー」「ニンニン」と言ってかまってみますが、
さとぼは「何のことやら?」とすずしい顔をしています。

さとぼがしゃべるのは、いつになることやら。

パパとママの間では、
「パパ」と「ママ」、どっちを早く言うかな?
と楽しみにしています。

(さとぼパパ)


2008-10-31 14:41  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

われわれにとってのさとぼとは? [育児日記]

さとぼが生まれてから8ヶ月。
われわれの生活も、さとぼが生まれる前のものと比べて劇的に変わりました。

昨日のブログ記事でママが書いているように、
特にママの生活はさとぼの世話で大忙しです。
さとぼが機嫌がよいときはともあれ、
特に夜中に断続的に夜泣きをするときは、
ママはヘロヘロです。

とはいうものの、さとぼはわが家に「笑顔」「活気」をもたらしてくれました。
さとぼが機嫌良く遊んでいるときは、
育児の意義を感じることができますし、
おじいちゃんやおばあちゃんが喜んでくれる顔を見ると、
(日常生活では世話が焼けるさとぼですが)
さとぼが家族の絆を強めてくれているな、と感じます。

これまで生きてきて、勉強(受験勉強)、就職、そして仕事の悩みなど、
色々な経験をしてきましたが、
子育てというのは、
若干マンネリ化した生活を劇的に変化させる、
極めて強烈な体験です。

さとぼが生まれる前は、毎日がそれほど大きな変化もなく過ぎていきましたが、
さとぼが生まれてからは、毎日が新たな課題に直面する日々ですし、
また、新たな発見を見つける毎日でもあります。

まだまだ、しばらくは子育てに翻弄されることになることでしょう。
特にママは大変ですし、
これから保育園探し、
ママの復職と、
チャレンジは続きます。

さとぼを媒介にして、ママとパパも協力して、
一家を作り上げていかなければなりません。

責任も重いですが、楽しみな将来でもあります。

パパもママを手伝って頑張ります。

(さとぼパパ)


2008-10-30 09:59  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

さとぼの嫌いなところ! [育児日記]

さとぼママです。
↑のタイトルは、「さとぼはこんなことが嫌いなんだよ」ではなく、、、
「さとぼのこんなところが嫌い!」ということなんです(笑)。。。
ま、さとぼママのグチ、ですね。

最近のさとぼ、こんなところがママ泣かせ[もうやだ~(悲しい顔)]です。
●おむつがえが嫌い
●お着替えが嫌い
●夜泣きがひどい
●寝入る前にギャン泣きする

おむつがえと洋服の着替えは自由が奪われるのがいやなのか、
じっと仰向けになっている、ってことは皆無です。
たいていクルリとうつぶせになってハイハイで逃げ出そうとするのですが、
これがウンチのときはターイヘン[むかっ(怒り)]
最近は離乳食モリモリなのでウンチも超大量!なので、
お尻だけではなく、前にも大量のウンチ君がベトベトについているので[どんっ(衝撃)]
うつぶせになられてしまうと、下にタオルを敷いているとはいえウンチがついちゃうので
付かないように両足を持ち上げると、
さとぼは両手で「足上げ腕立て伏せ[グッド(上向き矢印)]」をしているかっこうになり、
そりゃまあ、アクロバティックなおむつがえに!!
ウンチのおむつがえは毎回、スリル満載です。。。[たらーっ(汗)]

おしっこだけのときのおむつがえやお着替えは、
前はそのたびに、「じっとしてなさいっ!」なんて怒っていたけど
(ま、赤ちゃん相手に怒るこちらもオトナゲないのですが・・・苦笑)
最近は、追いかけっこしながら、なんとか替えています。

夜泣きは・・・ホント最近困っています。
昨晩も12時ぐらいからほぼ1時間おきに泣いておきる。。。
添い乳すると一応落ち着くのですが、時にはおっぱいをはずすとまた泣くことも。
今朝がたは30分ごとに添い乳していたので、ママは背中が痛いです。
どこかで、「成長の証」とか「昼間興奮すると夜泣く」とか書いてあったけど、
どうしたら夜泣きしなくなるんでしょうかねぇ。。。

それと同じことなのですが、眠りに入る前にうまく眠れず、
大泣きすることがあります。
これは結構すごい泣き声でなくし、おっぱいをくわえさせようとしても
嫌がるか、もしくは興奮しているので噛む(・・・涙・・・)ので、
かなりてこずります。
この場合は、解決策というか泣き止ませる手段が今のところ見当たらず、
しばらく時間がたって泣くのに疲れてコテンと寝るときが来るのを待つしかなく。
昔は、おっぱい飲んでいるうちにすうぅ~と寝入っていたのに。
これも成長の一過程なのでしょうか。

手がかからず、何も困らせない赤ちゃんはいないとは思うし、
もっと手ひどい困らせ方をする子もいるとは思うけど、
さとぼママ、修行の日々です。。。

(さとぼママ)


2008-10-29 12:00  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

初公開!セクシー水着ショット!? [おけいこごと]

さとぼママです。
ベビーサインに引き続き、もうひとつさとぼママがやりたいおけいこごと、
それは「ベビースイミング」です。
さとぼのお風呂は毎日パパが入れてくれているので、
ママはさとぼと「ハダカのお付き合い」は今のところないのですが、
その代わりといっては何ですが、ベビースイミングしたい!
そもそも、「Water Baby」という、赤ちゃんが水中で楽しそうに泳いでいる写真集を見て
「水の中の赤ちゃんってカワイイ」と思ったのがきっかけですが(表の理由)、
裏の理由は、やはり、ママ自身が水の中でゆらゆらとリラックスしたいなぁ
ということもあります。

で、今日そのベビースイミングクラスを見学してきました。
2つ候補があるうちの、まずは一つ目の方。
こちらは1クラス40分で、8組の親子がいました。
みんな、ママにだっこされて、ゆ~らゆら、バシャバシャ、楽しそう♪
一人まだママに抱えられて立っている感じの子がいた以外は、
自分で歩いている子が大多数だったので、
さとぼがこのクラスに入ったら、一番小さいかもね。

さとぼパパの「ちゃんと水に入れるか、確認してから入会しなさい」とのお達しで
まずは来週火曜に、体験レッスンを予約してきました。

で、その足で買いに行っちゃいました・・・水着!
もちろん、さとぼの。

↓こんな感じ。おそろいのタオルも買っちゃいました!
swim1.jpg

↓バックショット。僕ってセクシ~??
swim2.jpg

来週の体験レッスン楽しみだわ~♪
それでさとぼが問題なければ、入会したいと思います。

(さとぼママ)


2008-10-28 16:50  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

さとぼも8ヶ月! [育児日記]

さとぼも生まれてから8ヶ月になりました。
あっという間の8ヶ月。

1ヶ月経つ度に、何ができるようになったか、記録しておこうと思います。

:下の歯が2本生えている。上の歯がそろそろ生えてきそう。固くなってきた気がする。

髪の毛:ふさふさ。さとぼは左側で七三分けだね。

:左目が二重。朝起きたときは一重の時もある。

:何でも口に入れる。固いものはかじろうとする。

ご飯:離乳食は1日2回。好きなものは、かぼちゃ、リンゴ。子供用のおせんべいも食べる。
   ご飯粒もだいぶ大きなものでも食べれるようになった。

:だいぶ小さなものもつかめるようになった。ボーロのようなものは、つかむことはつかむが、
  口の中に放り込むような感じ。

:だいぶ太くなった。ちょっと短足?

胸板:だいぶ厚くなってきた感じ。

おなか:ご飯を食べたりおっぱいを飲んだ後は、ポンポコリン。

おへそ:だいぶきれいになってきました。

おしり:しっかり蒙古斑。でも小尻かな。

体重:7.9kg
身長:69cm

この1ヶ月で、ハイハイは完璧になりました。(ずりばいはもうしない)
つたい歩きも、ヒョイヒョイと言う感じ。片手放しなどお茶の子さいさい。
おすわりをして、ひとりで遊んでいる時間も長くなりました。

これからの1ヶ月、さとぼは何ができるようになるかな?

(さとぼパパ)    


2008-10-27 17:12  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

さとぼの挑戦は続く [育児日記]

今日はさとぼパパ側のおじいちゃん、おばあちゃんの家に日帰りで行ってきました。
さとぼは、おじいちゃん、おばあちゃんの家に行くと、
果敢に新たなことにチャレンジし、
我々を驚かせます。

今日のチャレンジは「懸垂」。
籐製の棚が、さとぼがつかまり立ちで手を伸ばすと丁度よい高さらしく、
両手でしっかりとつかまります。

2週間前に行った時にも同じようなことをしていましたが、
今回は両手でつかまると、足を離して懸垂を始めました。

さとぼ、手の力が強いな!

さらには、低いテーブルにつかまり、
両手を離す場面も。
両手を離している時間はほんの1~2秒ですが、
たぶんこれが「たっち」の前段階なんでしょうね。

さとぼが色々なことができるようになると、
おじいちゃんとおばあちゃんも大喜び。

さとぼはやっぱりわが家のアイドルだね。

(さとぼパパ)


2008-10-26 21:12  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

オレこんなこともできるんだぜ!シリーズ [育児日記]

さとぼママです。
自分の手足やゆびが思うどおりに使えるようになってきているさとぼ。
昨日はこんなことをしていました。

必殺、ベッドの柵乗り[手(チョキ)]
1025.JPG

起きている間は、基本、ずーっと何かしら動いているさとぼ。
全然じっとしてないんだよね。。。
困るのは、おむつがえと着替えのとき。
自由が奪われているのがいやなのか、
もうそれはギャンギャン泣きわめきます。
何かうまい技はないものか。。。

ところで、「オレこんなこともできるんだぜ!」は、今後ともシリーズ化して
お送りしたいと思います。

(さとぼママ)


2008-10-25 22:58  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

ベビーサイン、始めました! [おけいこごと]

さとぼママです。
「育休もあと半年!」にお尻をたたかれたさとぼママは、
このタイミングで、いろいろとやってみたかったことにチャレンジしています。
そのひとつは、「ベビーサイン」[手(パー)]
ご存知の方も多いと思いますが、つまりは「手話の赤ちゃん版」で
「お手手で赤ちゃんと話そう」ということらしいです。

「ベビーサイン」をやろうと思い立った、表向きの理由は、
最近さとぼが何かを言いたげ(訴えたげ)にいろんな音を発するので、
(今までの「あー、うー!」だけではなく、「ひゃー!」とか「ふえーい!」とか「はうあう!」とか。
カワイイ声の時もあれば、雄叫びみたいな時もあり。)
何が言いたいのかな、というのが知りたいのと、
最近さとぼパパが、「(さとぼ君~って呼んで)は~い[手(パー)]」と手を上げさせたり、
「ばいば~い[手(パー)]」とさせたりするのを見て、
そういうのを(芸のひとつとして!)できるようになったら、
(ますます!)カワイイのではないかな、と思ったことからです。

裏の理由は、
・育休の前半分は、「乳腺炎」との戦いで好きなことができなかったので取り戻したい!
・さとぼといろんなところにお出かけしたい!
・ママ友作りたい!(児童館とかでは表層的な感じだったので、物足りなくて)
・「ベビーサイン」やってます、っていうとカッコいいかなと思って
などなど。
でも、まじめに、最近さとぼが意志を持ってきて、多くは「イヤイヤ」とか「拒否」なんだけど、
じゃあ、代わりに何をしてほしいのか、が分かれば、
私もさとぼもストレスが軽減され、楽しく過ごせるのではないかと思っているのです。

で、昨日、その「ベビーサイン教室」の初日に行ってきました。
クラスは総勢9人。月齢も大体同じくらい。よい雰囲気です。先生もかわいい。
最初ということでそんなにたくさんサインを習ったわけではないけど、
「おっぱい(ミルク)」「もっと」「おしまい」「お風呂」「食べる」「帽子」「ありがとう」など
今日から使える、まずは初歩のサインなどを学ぶ。
(でもその復習をせねば。繰り返しやらないと忘れるし、身につかないな、きっと。)

びっくりしたのは、実際にベビーサインをする赤ちゃんの映像。
か、かしこい[ぴかぴか(新しい)]
ママとサインで会話してる。自分の意思を表現している[ひらめき]
すごいなぁ。。。でも、あんな感じでさとぼと話せたらとっても楽しいだろうな。
ふつふつとやる気が沸いてきたさとぼママです。

一方、当のさとぼ君は、前半は相変わらず他の赤ちゃんのおもちゃを奪ってカジカジしたり、
ハイハイしてあさっての方向に行っちゃったりと活動なさっており、
後半はおなかがすいたか眠いかでぐずぐずさん。
ま、しょうがないよね、10時からだったから普段ならお昼寝の時間だもんね。

でも、かなり楽しそうな、「ベビーサイン」[手(パー)]
ばっちり習得して、さとぼパパにも教えて、さとぼを高IQベビーに育てるぞ(笑)

(さとぼママ)


2008-10-24 23:26  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

厳しい保育園事情 [育児日記]

さとぼママです。
さとぼは来年4月から保育園に入る予定です。
来月から入園申し込みが始まるため、その保育園の見学に行ってきました。
我が家から通える保育園の候補は3つ。

第1希望:自宅から駅までの動線上にある保育園。
      先日運動会も見学に行ったし、さとぼママのお友達の子供も通っていて
      なんとなく親しみを感じているところ。
      少人数でアットホームな感じ。園庭がちょっと狭いかな。
第2希望:自宅から駅に向かうのとは反対にあって、ちょっと遠い。
      送り迎えは多少大変だと思われる。
      比較的大人数で、園庭、お部屋も広い。
      さとぼママのイメージする「ザ・保育園」って感じ。
第3希望:駅前の超便利なところにある、公設民営の保育園。
      そのせいか、スタッフのアットホームさがなんとなく薄い感じ(さとぼママの印象)。
      外見からは狭そうに見えたけど、中は広くて新しくてキレイ。
      でも園庭がなく、屋上のコンクリート(それはちょっとサミシイね。)

どこもさとぼを通わせるという点では全然オッケー!
給食もおやつも手作り(それって当たり前?)だし、職員の方はみんな優しい。
でもうわさによると、第3希望はバリバリ働いているお母さんが多いため、
パパ・ママ交流が少ないとのこと。

ただ、問題はその募集枠!
さとぼは4月の入園時には1歳になっているため、1歳児クラスに入るわけだけど、
上記3つの園とも現在、満員御礼なのだ。
つまり、定員は0歳児から繰り上がってしまうので、1歳児クラスの増加枠は
どこも3~4人と狭き門。
もちろん去年入れなかったいわゆる「待機児童」もいるだろうし、
ひゃー!キビシイですわ~[あせあせ(飛び散る汗)]

各方面に取材したところによると、区に提出する書類で、
とにかく、「切羽詰ってる感」「(両祖父母とも近くにいないので)他に手段がないんです感」を
かもし出す必要があるらしい。
さとぼママは勤務先の規定どおり、悠長に「5月1日復帰~」「最初の1年くらいは時短勤務で~」
なーんてノンキに考えていたけど、
そんなことしてたら入れなーい!
で、あと半年も先のことなんだけど、急遽腹をくくりました[パンチ]
「4月13日復帰」「時短は使わず、いきなりフルタイムで」
ま、何とかなるでしょ~[グッド(上向き矢印)]

それにしても、厳しい保育園事情。
区によってちがうかもしれないけど、何とか考えてほしいですの。
根っからの楽観者であるさとぼママは、なんとなーく「希望の園に入れるでしょ~」
と思っているのですが(甘い?)
駄目だったら、「オレが育休とるよ」とさとぼパパが言っているので、お願いしよっかな。

それにしても、育休もあと半年かぁ。
前半戦が乳腺炎との闘いで終わってしまっただけに[もうやだ~(悲しい顔)]
残りの半年間はイロイロ楽しまなきゃ、ということであることにトライをしました&しようとしています。

保育園見学をしながらも、
「さとぼを人に預ける」というのがイマヒトツぴんとこないさとぼママでした。

(さとぼママ)


2008-10-23 23:30  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

柵の中のさとぼ Ver.2 [赤ちゃんグッズ]

さとぼママです。

好奇心旺盛&探検家のさとぼの最近の興味はリビングの外。
ママの目を盗んで、キッチンに入り込み、キッチンマットをカジカジ(汚いってば[むかっ(怒り)])。
3階への階段を上がろうとしたり(あ、そういえば昨日2回目の階段のぼりしました[ひらめき]
リビングを抜け出そうとします。
ハイハイのスピードも速くなっているので、数秒で廊下を通り過ぎ、
下へ降りる階段まで到着していたりするので、
ホント危ない、危ない。

で、ついに装着されてしまいました。
TOMYの「ペダルで開けるゲート」
これがなかなかよくできている!
(さとぼパパはイマヒトツお気に召さないようだけど)

足で開けられるので両手がふさがっているときも大丈夫だし、
(もちろん手でも開けられる)
開けた状態で固定もできるので、
さとぼが寝ているときやベビーベッドの中にいるときは、開けて固定。
かなり頑丈にできているので、自動に閉まるとき「ガシャーン!」と音がするので
さとぼが昼寝中は、静かに閉める必要があるんだけど。

またこれが、さとぼにとっては格好の遊び場所にもなって。
つかまり立ちするのにちょうどいいし、
ゲート越しに、ママと手をつないだり、おしゃべり(?)したりするのが
楽しいようです。

こういうものが導入されると、「ああ、子供のいる家だな」って感じ満載で
ちょっとオシャレではないけど、
私の子供のときもこんな便利なものではなかったけど、
やっぱりキッチンへの通せんぼに柵があったのを思い出し、
ちょっとしみじみとしたのでした。

↓柵越しに何かを訴えているさとぼ
gate.jpg

ちなみに、「柵の中のさとぼ」ver.1はこちらです。

(さとぼママ)


2008-10-22 12:59  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
メッセージを送る


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。